木板(ヒノキ)にUVインクジェット印刷しました

画像の説明

木製の部屋名銘板製作します。お問い合わせください。

温泉旅館の部屋名表札を作りました。

※この写真は、テスト印刷時のものです。

檜(ひのき)にUVインクジェットで印刷すると、どのような雰囲気になるのか見てください。

通常、木材へUVインクジェットで印刷する場合は、下地にホワイト印刷した上にカラー印刷を使うことが多いですが

今夏はあえてホワイトを使わず、檜板の木目が見えるようにしています。

それでも、檜は白っぽい肌の木ですから、きれいに色が出ます。

ただし、木の板はインクが木目に沿ってニジミが出やすいので下地処理が重要になってきます。

ちゃんとサンドペーパーで研磨したあと、透明ニスで表面をコートします。

こうしておけば、UVインクジェットが滲まず、スッキリ仕上がります。

昔は、このようなサインもシルク印刷で作ったものですが、多色印刷の場合は、色ごとに製版が必要になり、色の数が増えるとコスト高になってしまいました。
しかし、現在はUVインクジェットがあります。

UVインクジェットなら、単色でも、多色でも、印刷コストが変わりません。

多色印刷かつ1枚しか要らない という昔は作りにくかったサインも
気軽に作ることができるようになりました。

いい時代ですね。

全ブログ記事内をキーワード検索できます
是非ご利用ください。

何でも聞いてください

メールアドレス画像の説明

法人/個人を問わず、お問い合わせをお待ちしております。

電話をかけるボタン

*マークは必須項目です。添付ファイルは必要に応じてどうぞ。

弊社所在地

〒538-0037 大阪市鶴見区焼野2-4-57

電話 06-6913-3533

a:61 t:1 y:3